img_02

利用環境に応じてiPhoneXの回線を変更する

iPhoneXは、スマートフォンですので、SIMカードを挿入して、インターネット回線を使う事が出来るようになっています。
iPhoneXでネット利用をする場合には、モバイル回線の契約が必要になってきます。iPhoneXで現在主流となっているのはLTEであり、主要キャリアで回線契約を行ったり、MVNOで回線契約を行ったりする事で利用する事が可能になります。

一方で、iPhoneXには、Wi-FI機能が搭載されており、アクセスポイントと無線で接続する事によって、アクセスポイントに接続されているインターネット回線と接続してネットの利用が出来るようになります。



無線ルーターが光回線やADSLに接続されていれば、モバイル回線よりも高速なデータ通信が可能になります。

この方法は、自宅や会社で利用する事が出来ます。

その他にも、公衆無線LANを使えば、外出先で高速なデータ通信を利用可能になります。


公衆無線LANは、会員登録をする事で無料で使えたり、プロバイダが提供するオプションサービスとして有料で利用する事が出来ます。

iPhoneXでインターネットを利用する際に使うネット回線は、数多くの選択肢がありますので、必要に応じて、回線を変更していくのが良いでしょう。


また、利用出来る回線や接続方法がどのような物があるかということを予め調べておくと便利です。

インターネットの利用が出来る環境を整える事によって、快適なネットライフを送る事が出来ます。

アップル社のiPhoneXが幅広い年代に好評です。


果たしてその使いやすさは本物なのか、安全なのかについて記したいと思う。筆者が使い始めたのは、iPhoneX 3GSからです。世間から注目を集めただけあって、気になり購入しました。

使い始めて驚いたのは、目的とするアイコンがすぐに分るということでした。

さすがのユーザーインターフェースだと感心したものです。これがiPhoneXなのですね。MacといいiPhoneXといいアップルのユーザーインターフェースは、人間工学的によく考えられたものです。

今までガラケーを使っていた者からすると驚愕の事実でした。

いくつものボタンを押して辿り着いていた目的のアプリへ、一瞬にして辿り着けるのです。

その後、iPhoneX 5/5S/6/6 Plusと進化を遂げています。

今後の進化に期待したいところです。

iphoneXについて説明致します。

より使いやすく、レスポンスも向上することを祈っています。次に、安全性ですが、セキュリティとも言います。

基本OSであるiOSも機能進化に加え、セキュリティの問題に対応するために、定期的にアップデートされています。

緊急のセキュリティ対策のためには不定期にも公開されています。

この点は信頼できると考えて良いでしょう。


また、各アプリもAppStoreを通じて配布されているために、メーカーの審査を受けていることになり、アンドロイド(Android)系のアプリに比べて、安全性が高いと言えます。

ただ、セキュリティはその裏を狙った攻撃もあることから、日々の使用や管理には細心の注意を払うべきです。


iPhoneXはカメラで撮影したデータは専用のフォルダに保存され、PCやマックと接続すればビュワーを使って見ることができますし、iPhoneXでも見たデータをメールやTwitterなどに送信することもできます。

カメラ機能は5以降格段に進歩したこともあり、デジカメをやめて撮影はiPhoneXだけでするという方も多くなってきています。

ただし、きれいな画質で撮影するとファイルがとても大きくなり、16GBモデルではいっぱいになってしまったという方も多いようです。


そこでオススメなのが外部USBメモリの利用です。
iPhoneXにはSDカードが利用できませんが、ライトニング端子につけるタイプのUSBメモリやSDカードが使えます。

一定の間隔で写真を取り込んでしまえば本体の容量を減らすことができます。

また、物理的メディアは面倒という場合にはクラウドシステムとの連携をオススメします。

DropboxなどのクラウドシステムはiPhoneXのカメラ機能と連動して動くモードがあり、撮影と同時にクラウドへファイルを転送してくれる機能が用意されています。クラウドは数GB無料枠を持っていることが多いので本体からはファイルをどんどん消し、ファイル自体はクラウドで閲覧するという使い方も可能です。ただし、屋外でWIFIが無い環境下で利用する場合には転送容量によっては速度制限にあたってしまうこともあるので注意が必要ですが、便利なので利用者が増えていますキャンプでもiPhoneXは大活躍します。iPhoneXのカメラ機能は静止画だけではなく、動画撮影機能も充実していることもあり、さまざまなシーンで大活躍です。
しかし、一点だけ困ったことが有ります。
それは防水機能がないことです。iPhoneXの防水機能は生活防水と呼ばれるレベルであり、多少の水滴程度しか防いでくれません。



そのため、水たまりに落としただけでも故障の原因となります。
キャンプ上では利用する際にとても神経を使います。

そこでオススメなのがIP68に対応した防水ケースです。

IPはJISで定めている防水性能であり、IP68は水深数メートルでも問題ないことを示します。


iPhoneXをキャンプ場で使うなら防水性能は特に高いものがオススメです。
もっと下のレベルでも十分浸水には強いのですが、万が一河に流された場合も考えるとIP68程度あると安心です。


また、防水ケースだけで考えればIPが上位レベルでも下位レベルでも値段の差はほとんどなく、逆にレベルが高いほうがケースが作りやすいと言われています。

また、種類も豊富なので薄手のケースから雪山や北極でも使える極寒仕様のケースまで多数の種類から選べるのもうれしいところです。


防水ではZIPロックを使った簡易防水もよく使われますが、屋外での利用では注意が散漫になりやすいのでZIPロックなどの袋タイプは万が一の事故が起きやすいので利用はおすすめできませんので利用は控えたほうがよいです。